安い印鑑は危険?格安・激安で購入したい方必見!

安価な印鑑に潜むリスクと実印や銀行印に使用すべきハンコ

象牙など高級素材を使って印鑑を作成すると1本でも数万円かかることも珍しくない一方で、100円で販売されている印鑑もあるなど価格面では大きく開きがあります。

ただし、激安価格で購入できる三文判などの印鑑は、用途法を間違えば危険にさらされてしまうリスクも十分に考えられるので注意が必要です。

印鑑は安いもので十分と思っている人は、リスクをしっかりと把握したうえで使用しないと思わぬ事件やトラブルに巻き込まれてしまう危険があります。

そこで今回は、格安価格で印鑑を購入したい人が知っておきたいポイントや注意点について紹介しています。

安い印鑑に潜む危険「三文判」

印鑑を激安価格で購入できる100円ショップ等で販売されている印鑑は、手軽に購入できるため利用したことがある人も多いと思います。

しかし、印鑑文化が浸透している我が国では宅配の受取など日常生活での利用から、不動産売買など重要な場面で利用する機会もあるので、安い印鑑では使う場面によって悪用されてしまうことがあります。

そもそも、100円ショップをはじめ書店やホームセンターなど他の店舗で安く入手できる印鑑は、いわゆる「三文判」と呼ばれる商品です。

三文判とは?

三文判とは、「二束三文」問う言葉を聞いたことがあると思いますが、昔江戸時代で流通していた通貨単位「文」のことを意味します。

しかも「文」という単位は低い通貨単位であることから、二束三文とは「二束「二足」のわらじは三文にしかならない」、つまり、非常に儲けが小さいことを意味しています。

このことから、三文という言葉は激安や粗悪品という意味で用いられることがあり、三文判は安い印鑑という意味で用いられるようになりました。

一般的には、工場で大量生産されたプラスチック製の印鑑のことを三文判と表現しています。

もちろん、三文判は100円から激安価格で購入できるため、利用者は品質には特に期待しておらず、目的さえ果たせれば良いと思って使用している人がほとんどだと思います。

しかし、三文判は使い方によっては非常に危険だということを知っておく必要があります。

実印や銀行印に三文判を使用することは危険!

三文判は、工場で大量生産されているため文字が似通ってしまう可能性が高く、また、機械で彫刻が実施されているため、デザインは画一的で複製が容易だと言われています。

つまり、届け出を行っている実印や銀行印が三文判であれば、他人に複製され悪用されるリスクがあるということです。

では、一体どんな悪用の危険性があるかを確認していきたいと思います。

三文判で届出した実印の危険性

まず、実印の場合は盗難や複製によって、連帯保証人の押印されてしまい多額の借金を知らないうちに背負う危険があります。

また、連帯保証人だけでなく、売買契約などで勝手に押印されてしまうことも大いに考えられます。

三文判だとコピーも容易なため短期間で複製品が作成可能になってしまいその分悪用リスクも高くなってしまいます。

実印で契約書に押印されてしまうと具体的な証拠が証明できない限り裁判でも厳しくなると言われるほど実印の効力は高いので、偽造困難と言われる複雑な書体を用いて同じものが作成できない職人によって彫られた印鑑を使うことが悪用防止にもなり安心・安全です。

三文判で届出した銀行印の危険性

次に銀行印と通帳があれば、銀行窓口で多額のお金を預金口座から引き落とすことができるため、盗難や複製された場合は全財産を失うリスクがあります。

三文判は機械で大量生産された印鑑であるため、銀行印自体が盗難や複製されなくても、市場で全く同じ印影の印鑑を見つけることが不可能とは言い切れません。

つまり、通帳が盗まれてしまった場合、銀行印が三文判で届け出されていたのなら市場で同じ印影の印鑑を入手される可能性があり、預金を引き出されるリスクがあるということです。

そんな偶然あるのかと思う方もいるかもしれませんが、全くゼロではないことは確かです。

三文判は簡単に複製可能、あるいは市場で同じ印鑑が入手可能なことから、悪用される危険性は自ずと高くなってしまいます。

また、三文判だと安くて愛着もないので保管も厳重ではなく、実印や銀行印でも日常生活で使う認印として代用している人も多いので注意する必要があります。

危険に対する防衛策

三文判を使わない

まず、印鑑を使った悪用リスクを防ぐには、実印や銀行印に三文判を使用しないことが一番です。

いわゆる、手彫り、手仕上げといった職人さんの手が入った印鑑を選ぶことで、印鑑一つ一つで風格や味わいが出てくるため、唯一無二の印鑑を作成することができます。

さらに、書体を篆書体や印相体など複雑なデザインにすることで、より複製が困難になります。

手彫りは全工程を職人が手掛けるため、どうしても価格や高額で作成期間も長期化してしまうため、手仕上げ印鑑でも問題ないでしょう。

手仕上げは、印面を彫刻する基本的な粗削りと呼ばれる部分は機械が行いますが、最後の仕上げは熟練の職人さんが行うため、機械彫りのように全て画一的なデザインになることがありません。

最初の工程を機械が行うことで作成期間の大幅な短縮と、その分の人件費カットを実現して割安価格で印鑑を提供できています。

厳重に保管する

銀行印や実印は、認印など日常遣いの印鑑とは別々に保管しておくことをおすすめします。

重要性は高いですが、どちらも使用する機会はそれほど多くないので、厳重に保管しておいて良いでしょう。

机の上や引き出しなど安易に置いておくと、紛失してしまう危険があります。

また、実印は印鑑証明書とセットで、銀行印は通帳とセットで効力を発揮するため、それぞれ別に管理・保管することが重要です。

よく、どの印鑑が実印か銀行印か分からなくなるからと、印鑑カードと実印、銀行印と通帳をそれぞれセットで保管する人がいますが、これは盗難時の被害リスクを高めてしまいます。

必ず、分けて保管しておいて最悪どちらか一方を守れるように備えておきます。

紛失した場合はすぐに届出を

実印も銀行印も紛失した気づいた場合は、すぐに届け出を行いましょう。

実印は、印鑑登録を行った役所などへ、銀行印は口座を開設した銀行窓口までへ急いで足を運び、変更・廃止等の手続きを行います。

また、盗難や詐欺の被害に遭った可能性が高い場合は、警察に被害届が出せるか相談することも重要です。

印鑑を失ったことに早く気づけば、対策方法次第で被害を防ぐことも可能な場合があります。

激安印鑑を選ぶときに気をつけるべきポイント

重要性の低い用途に使う

激安印鑑を選ぶ場合、偽造や同じ印面の印鑑を見つけることが容易であるため、銀行印や実印への使用を控える必要があります。

実印や銀行印を激安価格の印鑑にすることで何千円・何万円の節約はできますが、何百万円・何千万円という損害を被る危険があります。

激安価格は魅力的ですが、印鑑利用の目的に合わせた商品・価格帯選びは重要です。

やはり高額な印鑑は、耐久性や手間の掛け方、偽造防止の点で値段に見合った仕上がりとなっています。

プラバンは避ける

プラバンとは、いわゆるプラスチックの素材で作られた印鑑です。

プラスチック製なのでもちろん原材料費が安く、100円ショップで売られている印鑑のほとんどを占める三文判の代表的な印鑑です。

プラバンはプラスチックなので耐久性が低く、すぐに欠けたり割れたりして長持ちしません。

また、印面はゴムが利用されていることが多く、変形してしまう欠点があるので銀行印や実印での使用には適していません。

機械彫りは避ける

機械彫りは、印鑑作成の全工程を全て機械が行い職人の手が介入しないため、書体デザインは似てしまいます。

職人の手が入らない分、機械彫りの印鑑は激安価格で販売されていますが、その分悪用されるリスクも高いので実印や銀行印用の場合は「手仕上げ」「手彫り」の印鑑であるかをまずは確認する必要があります。

ちょっとの手間や費用負担だけで悪用されるリスクを大きく抑えられるので実践することをおすすめします。

格安で印鑑を購入したい方におすすめの通販ショップ

格安価格で印鑑が買えても質が低いと複製リスクは残ったままです。

そこで、価格と質の両方を実現したおすすめの印鑑通販ショップをここでは紹介します。

はんこプレミアム


はんこプレミアムは、良質な印鑑を格安価格で購入できると評判で、個人のみならず法人の利用者も多い印鑑通販ショップです。

なぜ質の高い印鑑が低価格で購入できるかというと、はんこプレミアムは印材の卸売業から始まった印鑑ショップであるため、質の高い印材を安く入手できるメリットがあります。

また、当サイトではんこプレミアムのことを初めて知ったという人も多いと思いますが、それは無駄な広告宣伝を行わない、そして、店舗を持たずに通販事業に集中させることで費用の大幅な節約を実現しているのです。

一人でも多くの方に質の高い印鑑を使ってほしいという願いから、卸売業という優位性と経営努力によって印鑑の販売価格を大きく下げて提供しています。

はんこプレミアムの価格なら、他店よりワンランク上の素材で印鑑を作成することが可能です。

もっと詳しく見る

はんこプレミアムのインタビュー記事を見る

【はんこプレミアム】
公式ページはコチラ

こちらの関連記事もおすすめ!

  1. 【はんこプレミアム独占インタビュー】高品質・低価格が評判の人気印鑑通販店を取材

  2. 【銀行印とは?】口座開設に必要な印鑑の注意点と実印や認印との違い

  3. 運気アップ・開運に適した材質・書体とおすすめ印鑑通販サイト

  4. 【銀行印を紛失した!】届出印を紛失した際の対処法と使い方の注意点

  5. ハンコマン

    【ハンコマン】即日出荷と印鑑素材にこだわった人気通販サイトの詳細

  6. 【認印と三文判】三文判ってどんな印鑑のこと?認印との関係と注意点

  1. 人気ウォーターサーバーのお得なキャンペーン情報

    【月額料金が安いウォーターサーバーランキング】料金の仕組みや購…

    2019.07.23

  2. どんなときもWiFiの口コミと評判を大調査!

    2019.07.20

  3. 『どんなときもWiFi』と『WiMAX』のサービスを徹底比較!どっちを選…

    2019.07.20

  4. 英語の実印は作れる?印鑑登録の方法やおすすめ通販サイトまとめ

    2019.07.19

  5. 【どんなときもWiFi】解約時の手続きと違約金などの注意点をまとめ…

    2019.07.19

  6. 【瑪瑙(メノウ)】瑪瑙が持つ特徴・意味と種類-宝石印鑑の開運効果…

    2019.06.24

  7. 【クリスタル(水晶)】クリスタル印鑑が持つパワーとおすすめのネッ…

    2019.06.23

  8. 【ローズクォーツ(紅水晶)】女性の実印におすすめ!開運印鑑として…

    2019.06.22

  9. 実印をネットで購入するときのポイントとおすすめ通販サイトまとめ

    2019.06.21

  10. 【ブラッククォーツ(黒水晶)】ブラッククォーツ印鑑の特徴と意味・…

    2019.06.21

  1. 格安SIM(格安スマホ)の乗り換えで通信料を節約!〜手順と注意点ま…

    2019.06.07

  2. 【目的別比較】ウォーターサーバーおすすめランキング=コスパ・水…

    2019.04.24

  3. 【結婚相談所口コミ比較ランキング】から分かる特徴と口コミ・評判…

    2019.04.10

  4. ネットのおすすめ人気印鑑通販サイト比較ランキング

    【印鑑ネット通販のおすすめ人気ランキング】実印・銀行印の作成に…

    2019.02.18

  5. 【はんこプレミアム独占インタビュー】高品質・低価格が評判の人気…

    2019.02.08

  6. Mobile Peace(モバイルピース)のwifiレンタル

    【Mobile Peace】モバイルピースの国内向けwifiレンタルサービス

    2019.01.15

  7. 口コミ・評判

    【評判・口コミで比較】総合評価の高いwifiレンタルランキング=国…

    2019.01.15

  8. ワイファイ短期レンタル

    wifi短期レンタル徹底比較!国内・海外向けおすすめ人気ランキング

    2019.01.15

  9. 【ウォーターサーバー人気比較ランキング】宅配水のおすすめ情報と…

    2018.12.25

  10. 銀行印を失敗せずに作成する方法とおすすめの通販サイト徹底比較ラ…

    2018.12.11

  1. 【Y!mobile(ワイモバイル)】通信速度が大手キャリア並み?シェア…

    2019.06.11

  2. 【mineo】顧客満足度No.1!人気格安SIMマイネオとは?

    2019.06.06

  3. 【人気のWiMAXキャンペーン徹底比較】2019年おすすめのWiMAXキャン…

    2019.05.30

  4. 【失敗しないプロバイダの選び方】徹底比較!目的別の固定回線選び…

    2019.05.28

  5. 看護師求人口コミ

    看護師求人口コミ比較ランキング※最適な転職サイトの選び方

    2019.05.24

  6. WiMAXを価格で比較

    【WiMAX価格比較】WiMAXプロバイダを価格から比較して調査!

    2019.05.22

  7. 【ハイクラスと出会える結婚相談所】ワンランク上の人向け結婚相談所

    2019.04.09

  8. 就職した時に必要になる印鑑とは?就職祝いのプレゼントにもおすすめ

    2018.12.11

  9. 印鑑をデザインする Sirusi

    【Sirusi】おしゃれで自分だけのデザイン印鑑が作れる人気通販サイト

    2018.12.11

  10. 【認印の作成・購入】おすすめ印鑑通販サイトや実印との違いを比較

    2018.12.10

-Pick UP-

-サイト内検索-