ステンレスの銀行印

ステンレスの銀行印

銀行印の素材として有名なステンレスとは?

ステンレスは日本語で「錆びない」という意味ですが、実際には錆びにくいといったほうが正しいかもしれません。

鉄にクロムを添加していくことで錆びにくくなるので、クロムの割合によってその性質は変わっていきます。

1904年頃にドイツやフランスの研究者達が開発した合金がステンレスに相当するといわれ、印材としてはまだ新しい素材として扱われているため、販売店はあまり多くありません。

ステンレスの硬度はとても高いので印鑑への加工が難しいのですが、その分天然素材とは異なり劣化が起きにくいのが特長です。

印鑑にした際に割れや欠け、といった事はありませんから一生使うことになる銀行印には最適な素材と言えるでしょう。

ステンレスで製造された銀行印の長所と短所

銀行印をステンレスで作りたい方はその耐久性に魅力を感じていることが多いようです。

それもそのはず、ステンレスは錆びない、変形がないといった特長がある半永久的に使える素材なので、経年変化などによって銀行印を買い換える必要がないというメリットがあるからです。

しかしステンレスの印鑑は取扱店が少ないのがデメリット。

普通の街のはんこ屋さんでは見つけることは難しいでしょう。

ステンレスの印鑑を検討されている方は、インターネットなどで情報収集して販売店を見つける方が得策です。

この手間を考慮したとしても半永久的に使えるというポイントにメリットを感じる方にはステンレスはおすすめの印材です。

ステンレスの銀行印を選ぶ際のポイント

ステンレスの銀行印の相場は5,000円前後から数万円のものまであり、価格帯にかなり幅があります。

しかし販売店によっては朱肉や印鑑ケースがセットになっていることで価格が高くなっている店舗もありますから、必要なサービスを比較して無駄のない買い物をしたいところです。

取り扱い店舗は街のはんこ屋さんには少ないため、ネットショップの方が簡単に探せるのでおすすめです。

また、ネットショップで買い物をした際に、商品レビューを書くとプレゼントが付いてくる、送料が無料になる、といったお店もあります。

高額な印鑑の場合には、送料等もばかにはならないので、こういった店舗を探してみるのもよいでしょう。

関連記事

  1. 【初心者向けで比較】銀行印のおすすめ印鑑通販ショップ

  2. 銀行印のすべてを網羅!徹底比較ランキング

  3. 認印のすべてを網羅!徹底比較ランキング

  4. 柘の銀行印

  5. 認印のサイズ

  6. 白檀の認印

  1. 実印とは?1番重要な印鑑の基礎知識

    2018.12.11

  2. 銀行印のすべてを網羅!徹底比較ランキング

    2018.12.11

  3. 認印のすべてを網羅!徹底比較ランキング

    2018.12.10

  4. 銀行印の書体

    2018.12.10

  1. 無利息で利用できるキャッシングサービスの選び方

    2019.01.15

  2. 無金利でキャッシング!条件や借りすぎに注意してお得に借り入れ

    2019.01.15

  3. キャッシングは無担保で利用可能!審査との関係も知っておこう

    2019.01.15

  4. 無人契約機で簡単キャッシング!即日融資を受けるなら必要書類に注意

    2019.01.15

  5. 無審査でキャッシングを受けたい…トラブルに巻き込まれますよ?

    2019.01.15