黒水牛の銀行届出印

黒水牛の銀行印

銀行印の素材として有名な黒水牛とは?

黒水牛 黒水牛は日本では大変人気のある印材として知られています。

この印材として使用されている黒水牛は、すべて海外から輸入されています。

産地はタイ、ベトナム、インド、中国等の東南アジアとなっており、特にタイ産は繊維が一番細かく最上級品と言われています。

また、黒水牛の印材を選ぶ際によく「芯持ち」という言葉が出てきます。

黒水牛の角は中が空洞の状態になっており、中心までつまっているものは角の中でわずかに取れる先端部分だけなのだそうです。

その角のさらに中心部分になる箇所がとても硬くて丈夫で、そこを使用して作られるのが「芯持ち」と呼ばれる印鑑のことで、貴重な印鑑となっています。

黒水牛で製造された銀行印の長所と短所

黒水牛は他の素材と比較すると安価な割には丈夫なのでコストパフォーマンスが高いのがメリットと言えるでしょう。

また、黒水牛を含む角・牙系の印材は朱肉に馴染みやすく、きれいな印影を捺すことができます。

しかし唯一の弱点は乾燥に弱いことです。

ただ、カバーに入れて保管するなどの管理さえしっかりと行っていれば、長く愛用できる印鑑となるでしょう。

その他にも、黒水牛の中でも先ほどご説明した「芯持ち」と呼ばれる高級素材は、より耐久性が高いですから弱点をカバーすることが出来ます。

価格的にも、他の角・牙系の印材と比べれば元々リーズナブルになっていますから、頻繁に使う必要があり、丈夫なものを必要としているならば、ワンランク上の「芯持ち」を選択するのもいいかもしれませんね。

黒水牛の銀行印を選ぶ際のポイント

黒水牛の印鑑はネットショップはもちろん、街の印鑑取扱店であればほとんどの場合入手可能です。

それほど黒い印鑑が定番とされ、人気があると言うことですね。

また、黒水牛は漆黒でスタイリッシュな美しさを持っているため、特に男性に人気の印材です。

朱肉の赤と黒水牛の漆黒の色のコントラストもとても美しいです。

また、銀行印のサイズには特に規定はありませんが一般的なサイズは以下の通りです。

実印が15mmの場合は銀行印は12mmか13.5mm、実印が13.5mmの場合は10.5mmか12mm程度と、実印より少し小さめが一般的なようです。

黒水牛で作成する人に最適な通販ショップ

ピックアップ ハンコマン
ハンコマン

ハンコマンでは、黒水牛に誕生石のスワロフスキーを埋め込んだオリジナル銀行印を発売しており、女性を中心に高い人気を誇っています。黒水牛は男性に選ばれやすい印材ですが、キレイな輝きが魅力的な12種類のスワロフスキー誕生石が埋め込まれた印鑑は女性にもピッタリです。他社にはない商品なのでプレゼントにも最適です。

特徴 詳細 公式HP
誕生石のスワロフスキーを埋め込んだオリジナル銀行印を販売 詳細

関連記事

  1. 銀行印の注意点

  2. 象牙の銀行印

  3. 認印と三文判

  4. 認印をネットで購入

  5. 白檀の認印

  6. 銀行印をネットで購入

  1. 実印とは?1番重要な印鑑の基礎知識

    2018.12.11

  2. 銀行印のすべてを網羅!徹底比較ランキング

    2018.12.11

  3. 認印のすべてを網羅!徹底比較ランキング

    2018.12.10

  4. 銀行印の書体

    2018.12.10

  1. 無利息で利用できるキャッシングサービスの選び方

    2019.01.15

  2. 無金利でキャッシング!条件や借りすぎに注意してお得に借り入れ

    2019.01.15

  3. キャッシングは無担保で利用可能!審査との関係も知っておこう

    2019.01.15

  4. 無人契約機で簡単キャッシング!即日融資を受けるなら必要書類に注意

    2019.01.15

  5. 無審査でキャッシングを受けたい…トラブルに巻き込まれますよ?

    2019.01.15